MedicalVentureNews

生命科学を中心に、国内外の医療やIT、 経済や政治について記事を掲載していく個人キュレーションサイトです。

カテゴリ: 医療・ヘルスケア


100歳以上:6万人超す 45年連続増、10年間で2.4倍 厚労省調査


 厚生労働省は11日、全国の100歳以上の高齢者が過去最多だった昨年より2748人増え6万1568人になったと発表した。45年連続で前年より増えており、1963年の調査開始以降、初めて6万人を超えた。男性は7840人(12・7%)、女性は5万3728人(87・3%)。

 "厚労省は毎年、敬老の日を前に9月15日時点の100歳以上の高齢者の数を1日現在で集計し、公表。2005年には2万5554人で、この10年間で約2・4倍に急増した。

 都道府県別の人口10万人当たりの100歳以上の高齢者は、島根県が90・67人で3年連続トップ。次いで高知県(85・37人)、鹿児島県(80・40人)の順。9位の山梨県(71・11人)を除き10位までを西日本が占めた。最少は26年連続で埼玉県(28・68人)だった。

 厚労省高齢者支援課は「地方は都市部に若者が流出するため高齢者の比率が高くなっているのではないか」と分析している。

 最高齢は、男性が名古屋市守山区の小出保太郎さんで112歳、女性は東京都渋谷区の115歳(家族の希望で氏名は非公表)。小出さんはギネス社(英国)に世界最高齢の男性と認定されている。【古関俊樹】"

アルツハイマー病の原因物質 薬剤投与で人から人に感染か

アルツハイマー病の原因とされる特殊なタンパク質が、30年前まで使われていた薬剤の投与によって、人から人に感染していた可能性があると、イギリスの研究チームが発表し、さらなる研究の必要性を呼びかけている。


"これは、イギリスのロンドン大学などの研究チームがイギリスの科学雑誌ネイチャーに発表しました。

研究チームは、子どもの頃、身長の伸びに問題があったため成長ホルモンの薬剤を投与され、その後脳の組織が破壊される難病、クロイツフェルト・ヤコブ病を発症して死亡した、36歳から51歳の患者8人の脳を調べました。

その結果、患者8人のうち7人で、高齢ではないのに脳内に、アルツハイマー病の原因とされるアミロイド・ベータという特殊なタンパク質の蓄積が確認されたということです。この薬剤は、人間の遺体の脳の細胞から抽出したもので、混入した異常なタンパク質によって、ヤコブ病を発症する報告があったため、30年前に使用が中止になりました。

調べた患者には、比較的若い年齢で、アルツハイマー病を発症するリスクを高める遺伝子の変異がなかったことなどから、研究チームは「子どもの頃に投与されたこの薬剤にアミロイド・ベータの「種」が混入して感染した結果、蓄積が進んだ可能性がある」としています。

調査した研究者は「今回調べた患者は特殊な事例で、アルツハイマー病が人から人に感染することを示したわけでは決してないが、発症のメカニズムをさらに研究する必要がある」と呼びかけています。"

児童虐待が最多更新 1~6月、前年の1.32倍


 虐待を受けているとして警察が今年1~6月(上半期)に児童相談所(児相)に通告した18歳未満の子どもは1万7224人で、上半期の統計が残る2011年以降で最多だった。通年で過去最多だった前年の上半期から32・1%増えた。警察庁が10日に発表した。

 "64・5%を占めたのが、無視や暴言を吐く「心理的虐待」で、1万1104人(前年同期比42・9%増)。中でも、子どもの前で配偶者やパートナーに暴力を加えたり大声で怒鳴ったりする「面前DV」が多く、7273人(同42・2%増)に上った。右肩上がりで増えており、記録を取り始めた12年上半期の約3倍になった。

 暴行したり狭い場所に閉じ込めたりする「身体的虐待」は3882人(同11・8%増)、育児をしない「育児放棄(ネグレクト)」は2144人(同25・0%増)、性的虐待は94人(同13・3%増)だった。

 警察が親や養親を逮捕・書類送検した児童虐待は376件(同18・6%増)、被害に遭った子どもは386人(同20・6%増)で、いずれも過去最多だった。虐待で死亡した子どもも14人(同40%増)いた。

 類型別では身体的虐待が307件(同34・6%増)で8割を超えた。心理的虐待は10件(同100%増)で、子どもに包丁を突きつける▽火をつけたライターを振り回して怒鳴る▽山中で裸にさせる――といったものがあった。性的虐待は58件(同25・6%減)。"

高齢者暮らしやすさ、日本は8位 国際比較、医療に高評価


世界の高齢者の生活環境を調査している国際団体「ヘルプエイジ・インターナショナル」(本部ロンドン)は9日、高齢者が暮らしやすい国の2015年版ランキングを発表、日本は8位となり、アジアで唯一トップ10に入った。

 "同団体は96カ国・地域の高齢者の収入や医療などに関するデータを分析。日本は医療に関する項目でトップとなったほか、社会保障や年金、累進課税などの制度が評価された。同団体は「日本は最も健康的な国の一つだ」と指摘した。

 1位はスイスで、ノルウェー、スウェーデンが続いた。米国は9位。アジアではタイが34位、中国が52位、韓国が60位。"

「天才になる遺伝子」についての研究結果


知性はどこからやって来るのか? それを語る際、環境や遺伝を取り上げるのはまったく意味がない。というのも、どちらも一緒になって初めて意味をもつからだ。もし経済的・教育的条件が最適なら、知性の差は大部分がDNAによって決まることもある。しかし、貧しくて学習が困難な環境では、優秀なゲノムも頭角を現すのに苦労する。

image


"「通常の知性」と「卓越した知性」の間にどんな違いがあるのかも謎だ。脳の大きさではないことはわかってはいるものの、ゲノムのなかのいったい何が、どういった理由で違いを生むのかは知られていない。

しかしいま、われわれはその答えに近づこうとしている。先日『Molecular Psychiatry』で発表されたキングス・カレッジ・ロンドンの研究のおかげだ。
この研究において研究者たちは「非常に高いIQ」の被験者1,409人のゲノムを分析した。IQ170以上で、世界の人口の0.03パーセントの限られた人間たちだ(ノーベル賞受賞者のIQは平均で「145」といわれている)。

彼ら研究者は、これら非凡な頭脳のゲノムを3,253人の「普通の」人々のゲノムとを比較したのだが、結果としてわかったのは、「天才の遺伝子」が存在しないということだった。

比較のためにゲノム内の「一塩基多型(SNP:Single Nucleotide Polymorphism)」にフォーカスしたが、どんなSNPも、それだけでは、個人間に生じる知性の差の0.16パーセント以上を説明するものではない。また、高度な知性をもつ人は例外的な遺伝子をわずかしかもっていない。ゲノム全体の構成の統計的なわずかな差異でしかないということが、最高のIQをもつ個人とそうではない人のサンプルを比較することでようやく、この遺伝的「サイン」を把握することができた。

同じくキングス・カレッジ・ロンドンのもうひとつの分析は、さらにまだ何かが必要であることをわれわれに教えている。言語、数学、科学、美術など、学校のさまざまな科目における生徒たちのパフォーマンスについて、遺伝と環境とがどれだけの影響を与えるのかを検討したものだ。

結果、「遺伝資産」が関係するのはおおよそ60パーセントだと判明した。つまり、学校での成績について、遺伝の与える影響は大きいということだ。また、さまざまな教科における成功は、ひとつの同じ遺伝子に支配されることもわかった。

これは言い換えると、もし美術にとって「良い」ゲノムを受け継いでいるなら、これは科学や数学にとっても大きな助けとなる、ということだ。当然のことながら、DNAのなかには、個別の教科を度外視して、成功を得ることを可能にするその他の特徴が数多くコード化されている。健康、モチィヴェーション、性格、好奇心、好みなどが関わってくるため「知性」と「成功」は、その人の「人格」と不可分なのだ。

研究の著者たちは、遺伝子と環境の関係が一義的ではないこともわれわれに示唆している。一方では、環境は、生来の特性を最大限に高めたり、抑圧したりすることができる。しかし他方では、論文に書かれているように、「子どもたちは自分たちの経験を、遺伝的傾向をももとにして選択し、変更し、想起する。遺伝 – 環境の相関関係は、受動的ではない。遺伝子は、学習の態度や渇望に影響を与えることにより、子どもたちの選んだ環境にも影響を与える」

例えば、もしある子どもが絵を描く傾向をもって生まれたら、他の子どもたちと比べてより多くの時間を絵を描いたり、芸術作品を眺めて過ごすだろう。これは、脳の発達をさらに変化させるであろう事柄だ。さらに、測定される遺伝性の比率は普遍的なものではなく、有効なのは研究の被験者──イギリスの若者たち──の特定の環境にとってだということも覚えておくとよい。"

↑このページのトップヘ