MedicalVentureNews

生命科学を中心に、国内外の医療やIT、 経済や政治について記事を掲載していく個人キュレーションサイトです。

カテゴリ: 医療・ヘルスケア

「細胞シート」承認へ…再生医療を早期承認化

 厚生労働省の薬事・食品衛生審議会の部会は2日、脚の筋肉を使って心臓病を治療する細胞シートの製造・販売を、条件付きで承認する意見をまとめた。

 "月内にも承認が決まる見通し。昨年11月に導入された、再生医療製品を早期に承認する制度が初めて適用された。従来5~8年かかった臨床試験(治験)から承認までの期間が3年半に短縮された。

 承認されるのは医療機器メーカー「テルモ」(東京都)が申請した「ハートシート」。心筋梗塞などで機能が低下した重症の心臓病患者が対象で、年20~30人の利用が見込まれる。患者の太ももの筋肉細胞を培養して、直径5センチのシート状に加工。患者の心臓に5枚張る手術をする。

 治験では2012年から2年間で患者7人を治療。5人で心機能の悪化が抑えられた。死亡例はなかった。この製品の承認は5年間の期限付きで、その間、約60人の患者を治療し、有効性を確かめる。

 細胞シートで心臓病を治療する手法は、大阪大の澤芳樹教授が開発。澤教授は心臓が大きくなる拡張型心筋症でも治験を始めた。

 一方、製薬会社「JCRファーマ」(兵庫県)が承認申請していた、骨髄移植などで免疫細胞が患者自身の臓器を攻撃する病気を、培養細胞で治療する製品については、条件が付かない通常の承認となった。"

再生医療の臨床研究促進、厚労省が新組織発足へ

 厚生労働省は来年度、再生医療の臨床研究を促進するため、研究者らを支援する組織を発足させる。

image


 "関係学会が中心となって組織し、臨床研究を始めようとする研究者に、研究に欠かせない細胞加工の手法などを助言する。再生医療分野で世界をリードする大学・研究機関が持つノウハウを、全国に伝えることで研究を加速させる。体制をつくる予算として来年度の概算要求に約2億円を盛り込んだ。

 iPS細胞(人工多能性幹細胞)を使い目の難病を治療する世界初の臨床研究を理化学研究所のチームが行うなど、日本勢は再生医療で先頭集団を走る。新たに再生医療の研究を始めたいと考える研究者は増えているが、細胞加工などの技術習得が不十分なため、着手できない課題がある。"

胃がん発症確率低いタイプ調査 - ピロリ菌と胃炎ない人

 国立がん研究センターのチームは2日、血液検査でピロリ菌と萎縮性胃炎のいずれもないと判定された40~70歳の人が10年間で胃がんになる確率は0・04~0・63%と極めて低いとする大規模調査結果を発表した。

image


"この検査はABC検診と呼ばれ、胃がんのリスク判定や除菌の判断材料として、自治体や企業の健康診断で広がっている。

 チームは、1993年に6府県に住んでいた40~69歳の健康な人で、血液を提供した約1万9千人を2009年まで追跡。胃がんの発症と血液検査、生活習慣の関連を分析した。

本記事は「共同通信」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。"

C型肝炎の7割に効果 1日8万円新薬の保険適用を承認


 厚生労働相の諮問機関である中央社会保険医療協議会(中医協)は二十六日、米製薬会社ギリアド・サイエンシズが開発したC型肝炎の新しい飲み薬「ハーボニー」の保険適用を承認した。

"C型肝炎患者の約七割を占める「1型」と呼ばれる遺伝子型に効果が高く、服用期間は十二週間と従来の治療方法より大幅に短い。三十一日から保険が使える。

 これまでのように重い副作用を伴うことがあるインターフェロンの注射投与をせずに済む利点があり、ギリアド社の臨床試験では100%の患者の症状が改善したという。ハーボニーの薬価は一日(一錠)八万百七十一円と高額。五月に保険適用された飲み薬「ソバルディ」は別の遺伝子型に有効で、一日(一錠)約六万円だが、医療費助成の対象になっている。厚労省はハーボニーも助成対象に加え、患者負担を月最大二万円に抑える見通し。

 NPO法人「東京肝臓友の会」事務局長で自身も治療経験がある米沢敦子さん(55)は「待ちに待った薬。治療を諦めていた人たちが目を輝かせています」と歓迎した。"

米国で芽吹く「マリフアナツーリズム」 合法化の動き追い風に

マリフアナが合法化される地域が生じることでマリフアナツーリズムが広まりつつある。

 "「マリフアナツーリズム」がビジネスとして広まる兆候は、マリフアナ愛好者にとって伝説的に重要な日である(2014年の)4月20日に現れた。この日、ある旅行予約サイトでは、コロラド州「デンバー」の検索が前年に比べ75%近く急増した。その数カ月前、嗜好(しこう)品としてのマリフアナの使用がコロラド州で合法化されていた。"

image


 "ホテル予約サイト「ホテルズドットコム」によると、今年4月20日にも同じ現象が起きた。「420」というのはマリフアナの俗語で、1970年代のカリフォルニア州北部の若者と麻薬文化に端を発している。

 現在、嗜好品としてのマリフアナの使用はコロラド、ワシントン、オレゴン、アラスカの各州とワシントンDCで合法化されている。医薬品としてのマリフアナの使用は全米の23州のほか、ワシントンDCで合法になっている。こうした地域では、痛みや吐き気といった症状改善のためマリフアナが使用されている。

 ホテルズドットコムのデータによると、人々は医療上の許可を受けていなくてもマリフアナの購入や使用が合法化されている地域に関心を示しており、こうした人々への旅行サービス提供に乗り出す業者が現れている。"

↑このページのトップヘ