MedicalVentureNews

生命科学を中心に、国内外の医療やIT、 経済や政治について記事を掲載していく個人キュレーションサイトです。

カテゴリ: IT・テクノロジー

Googleがスマート コンタクトレンズを開発、血糖センサと無線内蔵の医療用。LED内蔵も検討
By Ittousai posted 2014年01月17日 08時56分


2014-04-22-04-27-40


"Google が「スマート コンタクトレンズ」の開発計画を明らかにしました。

Google の先端技術研究所 Google [x] が開発した Smart Contact Lens は、二層のソフトコンタクトに微細なセンサーとチップ、アンテナを挟んだ構造で、(当初の) 用途は医療用。

涙に含まれるグルコースを監視することで、糖尿病患者に血液検査より楽な血糖値管理の方法を提供するとともに、今後はLEDを内蔵して、着用者に血糖レベルの急激な変動を警告する機能も検討しています。"

"Google はスマートコンタクトレンズの試作品を完成させており、技術的にはまだ初期段階であるものの、すでに複数の臨床研究を実施したとしています。"

"さて、Google といえば Android OS の開発主体であり、年内にも市販予定の Google Glass など、ウェアラブル端末への積極的な取り組みで知られています。今回の Smart Contact Lens はあくまで医療用デバイスとしての発表ですが、センサとプロセッサ、アンテナにLEDを内蔵して外部機器と連携できるコンタクトレンズとなれば、医療以外での応用も期待したくなります。"

改めて思ったのだが、粘膜に抵抗なく着用するコンタクトレンズってすごい。

粘膜から人は色々な物を吸収したり分泌したりしているので、粘膜である眼球と抵抗なく接触できるコンタクトレンズの研究、開発は需要が大きそう。

▼あわせて読みたい
Google Glassに医療用アプリケーションを提供するAugmedix、DCMほかから320万ドル調達【thebridge】
2014/04/21 11:57


ウエアラブルから埋め込みへ、次世代機器は体内に「装着」【cnn】
2014/04/20 21:54


Google、コンタクトレンズ内埋め込みカメラの特許を申請【techcrunch】
2014/04/15 15:30

医療現場で活躍するGoogle Glass、「身に付ける端末」は普及するのか
2014年1月9日


2014-04-22-03-57-51


大学病院でGoogle Glass臨床試験が始まる、「グラス診療」がブレーク寸前

"病院で医師はGoogle Glassをかけて患者の診察を行う。手術室で麻酔専門医は、Google Glassで患者のバイタル・サインを見ながら処置を行う。Google Glassを使った医療トライアルが大学病院で始まった。Google Glassが医療現場を大きく変えようとしている。"

実際にアメリカでは医師がGoogle Glassを着用し、医学生に手術の様子をライブ中継でレクチャーする実験が行われた。

"2013年8月21日、オハイオ州立大学ウェクスナー医療センターでGoogle Glassを装着した整形外科医クリストファー・ケイディン氏は、膝の手術の様子を離れた場所にいる同僚や医学生にインターネット中継しました。

Googleは、Google Glassをテストする「Explorer Program」においてアメリカで1000人の協力者とともにテストを行っていますが、今回の手術を執刀したケイディン医師もこのプログラムに参加した一人です。手術の映像はGoogleハングアウトで医学生だけでなく教授陣にもライブ配信されました。"

"Google Glassを装着するケイディン医師。"
2013-09-02-17-35-34


"医学生たちは手術の様子を離れた場所からライブ中継で観察します。"
2013-09-02-17-35-34


"Google Glassでは様々な情報を検索できます。例えば患者のX線写真を表示したり……"
2013-09-02-17-35-35


"手術中であっても他の専門家のアドバイスを得られます。専門家は世界中のどこにいても関係ありません。"
2013-09-02-17-35-35


Google Glassによって医療の在り方が大きく変わりそう。




世界的権威レイ・カーツワイルが、グーグルで目指す「究極のAI」

2014-05-03-14-36-28


2012年、AI(人工知能)研究の分野で世界的権威のひとりとされるレイ・カーツワイルがグーグルに加わったが、同社が長らくAI研究を進めてきたことを考えると、これはそれほど意外なことでない。
しかし、カーツワイル氏が「ハードなAI(人工物に意識や精神を生じさせることができるとする考え方)」の立場をとる代表的な研究者であることから、一部にはこの動きに注目する人たちもいた。また、グーグルが人工頭脳開発のために「ディープ・ラーニング」と呼ばれるニューラルネットワーク技術の研究を進めており、カーツワイルの後にはニューラルネットワークの第一人者であるジェフリー・ヒントンも雇い入れている。

"──未来を予言する上で重要なことはなんですか?

カーツワイル 成功の鍵はタイミングにある、ということを30年ほど前に気づきました。わたしのところには新しいテクノロジーに関するたくさんの提案が寄せられてきますが、そのうちの95%は十分なリソースが与えられれば主張通りのものができあがるはずという提案です。同時に95%のプロジェクトが失敗に終わりますが、それはタイミングが間違っているからです。その点では、15年ほど前にサーチエンジンを開発したラリー・ペイジとサーゲイ・ブリンのふたりは、いいタイミングで絶好の場所にいいアイデアを携えて登場した、といえるでしょう。"

"単価あたりの処理能力の増加は1890年以来、とてもなめらかなカーブを描いて上昇してきています。さまざまな出来事があっても、このペースは常に変わっていません。わたしは2050年にこのカーブが天井を打つと予想しています。そして2013年のいま、われわれはまったく想定通りの地点にいることも事実です。"

"──開発したシステムが複雑な自然言語を本当に理解できるようになったとき、それは「意識」であると言い切れますか?

カーツワイル そう呼ぶでしょう。わたしは以前から、2029年にはそのようなシステムができると予想してきました。そして、このシステムは単なる論理的知能(logical intelligence)ではなく、感情的知能(emotional intelligence)を意味します。つまり、ふざけたり、ジョークを言ったり、魅了したり、何かを愛したりし、人間の感情を理解するものです。実際、われわれの研究でもっとも複雑なのは、この部分です。これは今日のコンピューターと人間を分かつものですが、わたしはこの溝が2029年には縮まると考えています。"

2029年には、コンピュータが意識を持つようになる。

そうなった時、コンピュータが人間に対してどのような感情を抱くのか非常に興味深い。

▼あわせて読みたい
人工知能のソフトウェアだけでなくハードウェアの効率化も【techcrunch】
2014/04/23 18:45


Vicariousに注目―人工知能のスタートアップにジェフ・ベゾスらが出資【techcrunch】
2014/04/08 13:45


人間の嘘の表情を見抜いてしまうコンピューターシステムが開発される(米研究)【karapaia】
2014/04/07 11:41


人工知能が東大合格する日、私立文系半数突破【nikkei】
2014/03/31 07:53

↑このページのトップヘ