MedicalVentureNews

生命科学を中心に、国内外の医療やIT、 経済や政治について記事を掲載していく個人キュレーションサイトです。

カテゴリ: IT・テクノロジー

人を乗せて自動飛行するドローン、まさかの商品化を発表

中国のEHangは人を乗せて自動飛行するドローンの開発を発表した。

image


"無人で空を飛び、最近では荷物の配送から偵察活動まで、幅広い活躍が期待されているドローン。でも、やっぱり人は地上から操縦するのみならず、自分も乗り込んで空を飛びたいものですよね。それに、ドローンを強化すれば、十分に人間だって運べてしまうことが証明されているんですし……。

そんな夢をかなえるドローンヘリを、米国ラスベガスで開催中のCES 2016にて発表した強者が現われましたよ。スマートフォンを傾けて操縦する「Ghost Drone」シリーズのドローンを開発してきた、中国のEHangは、計8枚のローターを装備する「EHang 184」を発表。デザインとしては、話題のドローンが、そのまま人間の乗れるサイズまでスケールアップした感じですね!

エアコンとWi-Fi完備という快適な座席には、1人だけ乗り込むことが可能。最大積載量は、乗員の体重も含めて260ポンド(約100kg)までとのことなので、さすがは小型ドローンを大きくしただけの乗り物です。最長飛行時間も23分のみと短く、1回のフル充電では、どんなにがんばっても10マイル(約16km)と、本格的なヘリコプターのような移動手段に活用するのは難しそうですよ。

まるでホビー感覚のEHang 184ですけど、最大の特徴は、操縦桿も含め、コックピットの計器類が一切存在しないことです。なんと、座席前に用意されたタブレットで目的地を選ぶ以外は、すべて離陸から着陸まで自動飛行。難しい操作を覚える必要はなく、だれでも座るだけで飛ばせるドローンヘリに仕上がっているとアピールされていますね。"

伝説的ハッカーが自動運転カーをわずか1カ月で自作、すでに公道走行済み


著名なハッカーとして知られるジョージ・ホッツ氏が、1カ月で市販車を改造し、自動運転カーを開発したとのこと。

image


"17歳にして世界で初めてiPhoneのSIMロックを解除し、その後も脱獄(ジェイルブレイク)界隈で名を上げ、プレイステーション3を誰よりも早くハッキングしてソニーに訴えられるなど、天才プログラマーにして伝説的なハッカーとして知られるジョージ・ホッツ氏が、なんと1カ月で市販車を改造し、自動運転カーに仕立て上げました。世界中の自動車メーカーやIT企業がこぞって参戦している自動運転カーの開発競争に天才がたった一人で殴り込みをかけるとこうなるようです。"

ドローン宅配 千葉市で
政府が特区に指定 アマゾン参入へ


 政府は14日、地域限定で規制を緩和する国家戦略特区に千葉市を指定し、小型無人機「ドローン」を活用して医療用医薬品(処方薬)や生活必需品を宅配できるようにする方針を固めた。ネット通販大手の米アマゾン・ドット・コムが参入する見通しで、実現すれば世界初の実用化となる可能性がある。

 15日に開く国家戦略特区諮問会議(議長・安倍晋三首相)で千葉市など4自治体の特区指定を新たに決める。

ハッカー集団アノニマス、ISISに全面戦争を宣戦布告

ハッカー集団アノニマスは日曜日(米国時間11/15)、金曜日に132名のパリジャンを殺した攻撃の首謀者であると主張しているテロ組織、Islamic Stateに対して「全面戦争」を宣戦布告した。また、米国時間11/16午前、ISISと関連のあるウェブサイトの破壊を開始した。

image


アノニマスは、ハクティビスト集団、Binary Secが発信した以下のメッセージへのリンクもリツイートした。

「われわれは集団としてお前たちの恐怖支配に終りを告げさせる。お前たちのイスラム以外のあらゆる宗教に対する残酷で非人間的なテロ活動を、これ以上見過ごすことはできない。われわれはお前たちが無実の人々の首をはね、子供たちを誘拐して殺害し、そしてフランスにテロ攻撃を仕掛けたところを見てきた。〈これ以上許しておくことはできない〉。われわれBinarySecの唯一の目的は、あらゆるISISの宣伝ウェブサイトあるいは人物をすべて打ち倒すことだ。ISISよ … お前たちのジハードは突然の終結を迎えるだろう。われわれBinarySecは、お前たちを終らせる原動力の一つになることを約束する。ISISよ … 戦いは始まっている。

アノニマスがISISと対決するのはこれが初めてではない。Foreign Policy Magazineによると、アノニマスに共感するハッカーらとISISとの間の衝突は、ネット上で1年以上続いている。数多くのハッカーが大義に賛同する転換点となったのは、今年パリのシャルリエブド新聞社およびコーシャー市場を襲った攻撃だった。

Foreing Policy誌が先週報じたところによると、ハッカーらは149のISIS関連ウェブサイトを切断し、約10万1000件のTwitterアカウント、および5900本の布教ビデオを識別した。

残る問題は、社会的利益を目指すこれらのハッカーが、果たして国家主導によるテロ排除行動の助けになるのか害になるのかである。テクノロジー企業はかつて、政府諜報機関が彼らにISIS関連コンテンツを削除しないよう要請したことを明らかにした。それは法的手段を用いる際、テロリスト集団をより効果的に追跡するためだ。"

ディープラーニングが放射線科医のミスをカヴァーするようになる

オーストラリアで放射線科のクリニックを展開するCapitol Health社は、Enlitic社と提携して、人工知能(AI)を使ったX線画像診断を始める。ソフトウェアで画像をチェックし、優先度や担当医を決定するとのこと。

image


"サンフランシスコを本拠とするEnlitic社を創設したジェレミー・ハワード最高経営責任者(CEO)は、人工知能(AI)の一種であるディープ・ラーニングを、もう少し実用的なこと、つまり病気の診断に使いたいと考えている。

Enlitic社は10月27日(米国時間)、オーストラリアで放射線科のクリニックを展開するCapitol Health社との提携を発表した。同社のクリニックで、Enlitic社のソフトウェアを使ったX線画像診断を開始するというものだ。

とはいえ、放射線科の専門医が不要になるわけではない。ソフトウェア導入の目的は、作業の迅速化と、ミスの減少だ。まず、放射線技師から提出を受けた画像の対象が正しいかどうかをソフトウェアでチェックする。例えば、左ひざとタグ付けされた画像が、実際は右ひざの画像であったりしないかどうかだ。次は、画像に異常がないかをソフトウェアで調べる。

異常が検出された場合、画像の優先度を高め、内容に応じて担当医を決定する。例えば、肺の画像に結節を発見したら、優先度を高めた上で、肺専門の放射線医に転送する。動脈瘤のようなものが見つかれば、心血管を専門とする放射線医に画像が送られる。

異常が見つからなかった場合、優先度は低く設定される。担当の放射線医が画像を確認した後は、ソフトウェアが定型文を自動生成し、事務処理を手伝ってくれる。

医療現場に人工知能が使われる例は最近増えてきている。ニューヨークにある「メモリアル・スローン・ケタリングがんセンター」では、IBMの「ワトソン」を研究に利用しており、最近は食事と運動のアドヴァイスもワトソンが担当している。医師による日々の診療を迅速化するための手助けを行う「Bright.md」というアプリケーションもある。しかし、ディープ・ラーニングが医師の診断を助ける能力を現場でテストするという意味では、Enlitic社とCapitol Health社の取り組みは過去最大級の規模になりそうだ。

Capitol Health社はアジアへの進出を開始しており、ハワードCEOは自社のソフトウェアによって医療診断の機会が拡大することを期待している。同CEOが紹介した世界経済フォーラムの報告書によれば、発展途上国では医療従事者の不足が深刻になると予測されており、訓練プログラムの導入を加速する必要があるという。

人工知能は、医療分野以外のさまざまな領域で使われてきており、一般の人が知らずに接する機会も増えてきている。フェイスブックは最近、ディープ・ラーニングを利用して、写真に説明文を付け始めた。目の見えない人でも情景を思い浮かべることができるようにだ。口コミサイト「Yelp」も、レストランのリストに最適な写真を表示するため、どのようにディープ・ラーニングを活用しているかを明らかにした。"

↑このページのトップヘ