MedicalVentureNews

生命科学を中心に、国内外の医療やIT、 経済や政治について記事を掲載していく個人キュレーションサイトです。

カテゴリ: 生命科学

阪大など、統合失調症患者の脳で左右の体積がアンバランスな部位を発見

大阪大学(阪大)と東京大学(東大)は1月19日、統合失調症では淡蒼球という脳領域の体積に左右差があることを発見したと発表した。

image


"同成果は阪大大学院連合小児発達学研究科の橋本亮太 准教授、東大大学院医学系研究科精神医学分野の岡田直大氏、笠井清登 教授らの研究グループによるもの。1月19日の精神医学雑誌「Molecular Psychiatry」の電子版に掲載された。
淡蒼球は大脳皮質下領域にある大脳基底核の1つで、運動機能や、動機付け、意欲、欲求が満たされる感覚に関与するとされる。統合失調症患者では健常者に比べて体積が大きいことが知られていた。
今回の研究は認知ゲノム共同研究機構(COCORO)に参加する11の研究機関から収集した1680名の健常者と884名の統合失調症患者のMRI脳構造画像を比較解析し、統合失調症における大脳皮質下領域構造の体積やその左右差の変化を調べた。その結果、健常者では視床、側脳室、尾状核、被殻では左側優位、海馬、扁桃体で右側優位であり、淡蒼球、側坐核では非対称性が認められなかった。この傾向は統合失調症患者でもほぼ同様だったが、淡蒼球体積は右側に比べて左側が大きいことがわかった。
この結果は、統合失調症における脳内の神経回路の左右差の異常を示唆するものであると考えられており、病態解明の一助となることが期待される。"


恐怖:経験よりも本能的に怖い方が強い マウス実験


 本能的な恐怖と経験による恐怖、同時に2種類の恐怖に直面したらどうなるか、関西医科大の研究グループがマウスで実験したところ、本能的な恐怖が勝るとの結論が出た。19日付の米科学誌セルで発表する。恐怖は、うつや心的外傷後ストレス障害(PTSD)など精神疾患の発症や症状にも影響すると考えられ、これらのメカニズム解明につながると期待される。

 "研究グループの関西医大付属生命医学研究所の小早川高(こう)研究員によると、マウスは肉食動物の臭いに本能的な恐怖を感じ、危険を避ける。グループは、キツネから分泌される臭い物質とよく似た化学構造で、マウスが約10倍の大きさの恐怖を感じる物質を見つけた。

 一方、マウス9匹にスパイスの臭いを嗅がせた後に電気ショックを与える経験を繰り返し、スパイスに対する後天的な恐怖を植え付けた。恐怖の大きさは、マウスの体が硬直する時間で判断した。

 グループは、二つに分かれた通路の両端に餌を置き、一方にキツネの臭いに似た物質、もう一方にスパイスを添えた。絶食させたマウスを通路に放つと、9匹中6匹がスパイスの側に向かい、3匹はスタート地点で動かなかった。本能的恐怖が優先し、キツネに似た臭いを避ける結果となった。

 グループは、本能的恐怖を優先する仕組みは、脳の扁桃体(へんとうたい)中心核という部分の神経細胞が担うことも突き止めた。この神経細胞に作用する統合失調症治療薬をマウスに投与すると、後天的恐怖は半減したが、本能的恐怖は2〜3割強くなったという。小早川研究員は「恐怖を緩和する薬が、意図に反して本能的な恐怖を強める可能性がある」と話している。【吉田卓矢】"

"クモの糸"を衣服の素材に ザ・ノース・フェイスが初採用

 ゴールドウインが、11年にわたってクモの糸の人工生成に取り組んでいるバイオ分野のベンチャー企業スパイバー(Spiber)と共同開発したプロトタイプ「ムーン・パーカ(MOON PARKA)」を発表した。アパレル工業ラインで製造された、人工タンパク質素材が使われる世界で初めての衣服になる。

image


 "スパイバーによる人工合成クモ糸素材「QMONOS(TM)」の研究開発は、経済産業省や新エネルギー・産業技術総合開発機構の支援を受けている国家プロジェクト。今日開かれた発表会で、代表執行役の関山和秀は「今回が実用化に向けた第一歩。石油の枯渇が懸念されている現状で、環境の持続可能性を考えた新素材として更に注目されるよう、研究開発を進めていきたい」と話しており、「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」を通じて2016年内の製品化を目指すという。また、同社は今回のスポーツアパレル分野での実用化に向けて、ゴールドウインからの出資30億円を含む総額95億8,416万円の資金調達を行なっている。

 「ムーン・パーカ」は、ザ・ノース・フェイスの頂上製品「アンタークティカ・パーカ(ANTARCTICA PARKA)」をベースにしたアウタージャケットで、「QMONOS(TM)」を表地とロゴの刺繍糸に採用。ザ・ノース・フェイスの原宿店(10月10日〜18日)、堀江店(10月23日〜11月1日)、キャナルシティ博多店(11月6日〜15日)、白馬店(11月20日〜29日)、サッポロファクトリー店(12月4日〜18日)、仙台店(12月25日〜16年1月10日)でプロトタイプを一般公開する。"

遺伝子は異種間をどう移動しているのか-研究者が新論文

 スペインや英国の科学者たちは、一つの生物種の遺伝子が別の種へ直接飛び移ることができる道筋を発見した。

image


 スペイン・バレンシア大学の遺伝学者で、論文の共同執筆者のサルバドール・エレーロ氏は、「自然界は常に遺伝子組み換え生物(GMO)を創造していることが認識できる」と述べ、「遺伝子をある生物から別の生物に移動させるのは、それほど奇怪ではない」と語った。

 "遺伝子は通常、同一の生物種の間で受け継がれて行く。親から子どもへの移動がそれで、「遺伝子の垂直伝播(VGT)」として知られるプロセスだ。しかし近年、科学者たちは「遺伝子の水平伝播(HGT)」の多くの例を発見した。遺伝子がある生物種から、同じ環境でたまたま生きている全く無関係の生物種に運ばれるプロセスだ。

 例えば、コーヒーの実を食べ尽くす害虫「コーヒーボーラー・ビートル」のゲノムの中からバクテリアの一種の遺伝子が発見された。このバクテリア遺伝子は、この昆虫がもっぱらコーヒー豆のみを食料にして生きていくのを可能にしている。バクテリアが通常、抗生物質耐性を持つのは、遺伝子の水平伝播を通じてである。

 英国の研究チームは数カ月前、人間はその進化の過程で「ジャンプする遺伝子」方式によって、バクテリアやウイルス、菌類から145以上の外来遺伝子を獲得できたという結論を出した。

 大きな謎は、これがどのようにして生じるかだ。最新の研究論文で、エレーロ氏ら研究者チームは、寄生蜂の遺伝子がチョウやガのゲノムにジャンプする(飛び移る)と考えられるルートを示唆している。

 寄生蜂の一つであるアオムシサムライコマユバチは、チョウやガの幼虫であるアオムシやケムシの体内に卵を産みつけるが、その際にハチはチョウやガの幼虫の自然免疫反応を無力化するウイルスも体内に注入している。その結果、ハチの幼虫は何ら妨害を受けないままチョウやガの幼虫に寄生できる。この過程で、ハチに属する遺伝子はまた、ウイルスにかくまわれながら、最終的に宿主であるチョウやガの幼虫に組み込まれる。

 通常、ハチの幼虫は生き残るが、チョウやガの幼虫は死ぬ。このシナリオでは、挿入されたハチの遺伝子はどこにも行かない。

 しかし時にはこのハチは、間違えて通常の宿主ではない種類の幼虫を攻撃し、卵を産み付けるかもしれない。その場合、卵はこの幼虫の体内で生き残らないが、挿入されたハチの遺伝子は非宿主の幼虫のDNAに組み込まれ、将来の世代に続くチョウの子孫に伝播される。かくして、ハチの遺伝子はチョウにジャンプするかもしれないのだ。

 このジャンプが発生すると科学者たちが知っているのは、ハチのDNAの配列がチョウやガの幼虫のゲノム内部で発見されてきたためだ。しかし、厳密なメカニズムは依然として不明だ。

 最新論文の執筆者たちは、2種のチョウ(オオカバマダラ=北米で一般的な、黒と白の斑紋があってオレンジ色の羽を持つ大型のチョウ=を含む)と、3種の幼虫(カイコを含む)でハチの遺伝子を発見したと述べている。

 通常、遺伝子が存続するのは、その遺伝子によって何らかの恩恵がある場合だ。PLOS論文によれば、ハチから獲得した遺伝子のうち2つは、ブラコウイルスという敵から幼虫を守るタンパク質を製造する。製造されたタンパク質は、幼虫に感染するブラコウイルスの能力を妨害し、ウイルスの複製能力を阻害することで、幼虫を保護しているのだという。"

ヒト属の新種とみられる骨片を南アフリカで発見


 南アフリカのウィットウォーターズランド大学などの研究者らは10日、これまでに知られていないヒトに似た種の骨片を同国の地下洞窟から発見したと発表した。現人類の太古の祖先のさまざまな分岐をあらためて示すとともに、埋葬習慣と自己認知の起源についての新たな資料となるものだ。

image


 "これまでに発見されたのは約15の個体に属する1550の骨片で、一度にみつかったアフリカの初期ヒト属の骨片の数としては最大級とみられる。発見場所は南アフリカのヨハネスブルクから約50キロ離れた「ライジングスター」洞窟群の一区画で、折り重なる遺体の数千もの骨片がまだ埋葬されていると研究者らは話している。

 スミソニアン国立自然史博物館(ワシントン)の人類起源研究プログラム責任者リック・ポッツ氏は「相当に画期的で変わった発見だ」と話した。"

 "60人の研究者や洞窟潜入専門家を率いてこの発掘に当たっているウィットウォーターズランド大学の古人類学者、リー・バーガー博士は「われわれは何か通常とはかけ離れているものを発見したと理解している」と述べた。バーガー博士らはこの骨片を「ホモ・ナレディ」と命名した。「ナレディ」は南アフリカの現地語の1つである「セソト」では、「星」を意味する。

 この研究チームは今回の発見を、英電子科学誌の「イーライフ(eLife)」と米ナショナルジオグラフィック誌に掲載した。ナショナルジオグラフィック誌はこの発掘の資金の一部を提供している。

 今回の発見での大きな謎は、地下約90メートルの深さにある洞窟の一室に、光のない狭い地中の迷路を通ってどう行き着いたのかが分からないことだ。今回発見された骨片は男性、女性、子供、乳児のもので、部屋の床の上と、柔らかな土の中に埋葬されていた。肉食動物に引きずってこられたり、洪水で流されたり、洞窟に迷い込んだりしたことをうかがわせる形跡はなかった。実際、何か別の生き物が洞窟のその区画に到達したことを示す証拠はほとんどなかった。

 この発掘の指導グループの古人類学者でウィスコンシン大学のジョン・ホークス氏は「安易な説明は除いてみると、彼らは洞窟に遺体を埋葬していたに違いないとの結論に達した」と話した。

 しかし、もしそうであれば、今回発見された種は死者に対して儀式や埋葬をすることにより畏敬の念を示していたことになる。これは人類とその近い親戚であるネアンデルタール人に特徴的とされる「自己認知」をしていたことになる。"

↑このページのトップヘ