MedicalVentureNews

生命科学を中心に、国内外の医療やIT、 経済や政治について記事を掲載していく個人キュレーションサイトです。

カテゴリ: 海外情勢

ベネズエラで起きていること 大学生たちの戦い


2014-03-29-23-24-43



ウクライナの一件で日本にはあまり情報が入ってこないが南米ベネズエラでもデモが起きている。その渦中には学生たちがおり、悲しい事に命を落としている。

ベネズエラ、デモの死傷者は500人ほどに:なにが起きている?


"現在、ウクライナ情勢などによってそれほど注目されているとは言えないが、南米ベネズエラで起きていることはそれに劣らないほどの大きな変化になる可能性がある。2月から続いている反政府デモと政権側の衝突によって、少なくとも死者30人超え、負傷者が460人程度にまで達しているのだ。"

"・高いインフレや物不足
ベネズエラは、99年からウゴ・チャベス政権が長期にわたって続いていたが、チャベスが亡くなった2013年にニコラス・マドゥロが大統領に就任した。しかし、急増する犯罪や高いインフレ、物不足、生活水準の劣化などによって強い不満がわき起こりカラカスなどの都市部で不満の声が高まる中、今年2月からデモが始まった。

野党指導者らが政権を批判する中で、マドゥロ大統領もデモや暴力によって国家を揺るがそうとする試みは、民主主義に反していると非難しており、事態の進展は見られない。米国などは、デモや人権への対応について政権側を批判しているが、国際社会の目はウクライナ問題に向いており、南米諸国などは会合を開いているものの、当面混乱はおさまりそうにない。"

世界各国で世の中をより良くしようと皆が闘っている。
そしてそれは日本人にとっても他人事ではない。

台湾立法院を占拠する理由とは 若い女性が日本語でメッセージ【動画】




"台湾で中国との経済協定に反対する学生らが立法院(国会)を占拠してから3月24日で1週間になったが、事態収拾のめどは立っておらず、混乱は長期化する可能性が高まっている。学生らは、Facebookなどソーシャルメディアを活用し、日本語も含めた30近い言語でメッセージを世界に発信。YouTubeでは、若い女性が日本語で「私は、台湾人です、私は、この国の民主の歩みと共に成長しました」などと呼びかけている。"

"台湾政府は民主的なプロセスを無視しサービス貿易協定を国会の与党に強行可決させました この協定は台湾政府と中国政府によってこっそりと調印されたものです

その内容は不透明の上に事前に一切の審査もされませんでした しかも、この協定は全台湾人の未来の労働条件や就職機会を絞め殺すものです

今、台湾はかつて無い危機に面していますけど この時代に生まれて そして此処に居られる私たちは幸せです 我々が抵抗を続ければ この国の未来は変わり新しい世界は開かれると信じているからです

(YouTube「私は、台湾人です、私は、この国の民主の歩みと共に成長しました」より抜粋)
学生らは、メッセージをさらにシェアするよう呼びかけている。"

"問題となっているのは、中国と台湾が互いの一層の市場開放に向けて昨年(2013年)に調印した「サービス貿易協定」だ。野党の民主進歩党は「密室協定で台湾の弱小産業に打撃が大きい」などと反発してきた。

民進党と同調する学生らは、この協定の審議を与党・国民党が強引に進めたことに反発し、3月18日、協定の撤回を求めて立法院に乱入して占拠し、周辺の路上でも抗議行動を繰り返している。"

上の動画はぜひ見てほしい。
自分たちの意見を伝えるために、
拙い日本語で話してくれる様子は胸にこみ上げるものがある。

サービス貿易協定の是非や立法院への乱入の是非はともかく、学生が立ち上がって政府に訴えかける様子は心に残る。

日本では政治に新しい風を吹かせたのは家入さんか。
日本学生の政治に対する意識は全体としてはまだだいぶ低い気がする。

出来ることからしていきたい。

脳トレーニングは機能するが練習した以外の脳活動には効果を及ぼさない、オレゴン大
Published: January 3, 2014.
Text by Charlie George


"「脳トレーニング」でネット検索を行うと、脳トレーニングに関連したエクササイズ、ゲーム、ソフトウェア、アプリなど多数の検索結果を得ることができるだろう。こうしたもののほとんどは、複数のタスクを実行していくことにより脳機能の向上を目指したものとなる。しかし、ほんとうにこうした脳トレーニングで脳機能を向上させることはできるのだろうか?University of Oregonの心理学者の新しい研究成果は、脳トレーニングの効果はあるということを示している。ただし、その効果は限定的なものであることも同時に判った。

2014-10-29-00-18-51


University of Oregonのprofessor Elliot T. Berkmanは、学術専門誌「Journal of Neuroscience」を通じて発表した新しい研究成果で、研究チームは60名の被験者(男性が27名、女性が33名、年齢は18~20歳)を対象に3種類の実験を行い、実験を行っている最中の被験者の脳活動をfMRIを使って観察を行った。

この実験の結果から、特定のタスクを行うことにより、特定の脳機能のパフォーマンスを向上させることができることを発見したが、同時に脳トレーニングの効果は、脳トレーニングによって練習した特定のタスク以外の新しい脳活動の領域には受け継がれないことも同時に発見した。"

↑このページのトップヘ